司会に関すること、あれこれお話します

HOME      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告

司会者の出張

2月3月と出張が重なり、なかなかゆっくりしていませんでした。
(相変わらず更新が滞ってしまい反省・・・)

4月になり少し落ち着いて、逆に少々暇になっています(笑)。
これを均等にできればいいのかもしれませんが、
フリーランスとしては、働けるときにガンガン休まず。
そしてこういうのんびりした流れを次に動くための有効な時間としなくては。

ところで、きっとこのブログをお読みになっている方は、
薄々、疑問に思っているのではないでしょうか。

「司会なのになぜ出張があるの?」


確かに。講師の先生が全国を飛び回るのはよく分かっても、
司会者は、正直、現地にもいるでしょう?と思うのではないでしょうか。
その気持ちは別に変なことではありません。
私も自分のことでなかったら、多分そう思います。
あまり小難しく考えずに言えば、単純に「ラク」と言うのはあると思います。
「首都圏と同じスタッフで運営できる」のはまた0から説明をしなくて済みますし、
信頼関係も築けていますし。
でも、もちろん、交通費がかかってくるのは大きな問題なわけですから、
そこをどうとらえるかだと思います。

そう、司会者を遠方から呼んでいただくからには、
それ相応の対価を出さなくては意味がありません。
わざわざ交通費をかけても呼びたいと思ってもらう喋りを提供すること。
それが不可欠です。
プレッシャーはもちろんありますよ。
でも、期待に応えられたとき、もっと言うと期待以上の結果を出せたとき、
「やはり頼んでよかった」と喜んでいただけたときは、本当に幸せです。


よくいらっしゃるのです。

「司会はうちの社員でやる」「司会にはお金かけられない」
「司会は誰がやっても同じ」「司会は原稿通りにやってくれればそれでいいから」

そのお気持ちはよく分かります。
でも、ちょっとその考えを改めると、格段に会にメリハリが出ます。
たかが司会と思っている方は、是非一度、そのことを確認してみてください。
合う・合わないもあるので、いろいろな司会者と接するのは大いにアリだと思います。


今回、出張が続く中で、先日名古屋に行った際、
主催者の方からこんなお言葉を頂きました。

「河西さんの喋りって、お客さんに話しかけていますよね」

嬉しかったですね。
ただ読み上げているだけではない、必ず来場者に心をこめて伝える。
「言葉に気持ちは乗る」が私の信条ですから、これは最高の褒め言葉でした。

それと、

「河西さんが司会台から伝えてくれたことは、お客さんの耳にちゃんと残るんですよ。
だから、ロビーで受ける質問がほとんどないです。
みんな理解しています。これはすごい。」


これもありがたいことです。
せっかく話しているなら、しっかり聞いてもらえなければ・・・ね。
とはいえ、客席にいれば、司会の言葉は
右から左にスルーされてしまうのもよく分かります。
(本編以外は、本来、気を抜いていただいた方がいいですから。笑)

全てを強く喋るのではなく、本当に大事なところを的確に簡潔にお話すること、
そしてやっぱり「気持ちを込めて」伝えること。
これからもこの信念で実践していきたいです。

司会のご依頼、司会の勉強など、ご希望の方は
http://kasaimiki.comのお問い合せフォームからどうぞ。
スポンサーサイト
2016-04-03 : エピソード コメント : 0 :

思い立ったらすぐ依頼!

披露宴司会をご依頼頂きました。
お仕事で知り合った女性の方で、本当に嬉しく、
ワクワクが止まりません。

「来年6月なんですけど・・・空いてますか?」

さすがに半年以上先だし、空いてます!と即答したいところですが
まれにピンポイントで既に別の仕事が入っていることがあります。
実際来年6月は2つ入っていました。
(上記の披露宴司会の日は空いていたのでお請けできました。ホッ。)

まだ先だし、もう少し経ってからでいいかなぁと躊躇せず
思い立ったら即連絡!
私に限らずどの司会者さんもそれは喜ばしいことだと思います。
もちろん、本番近くなってのキャンセルなどは困りますが、
身体が一つしかない以上、最初に入ったご依頼を優先します。


そう、やる気があっても身体は一つだけ。
一期一会。大事にします。

ご依頼は河西美紀HPまで。


2015-11-05 : エピソード コメント : 2 :

何でもできる司会者

司会者はただ与えられた原稿を読めばいいものではありません。
会場の様子を見て、言い回しを変えることもあります。
小さな会場だと質疑応答の際に客席へのマイクランを頼まれることもありますし、
休憩時の突然の陰アナもあります。

最近よくご依頼をいただくセミナーでは、音響を担当することもあります(笑)。
といっても、BGMの音を舞台袖で下げてから司会台に登場するという程度で
決して難しくはないのですけどね。
それでも、間違ってはいけませんので、慎重に行いますよ。

司会の域を超えすぎて格好が悪いことも正直あります。
例えば、局アナ時代、イベントのMCをした後に
片づけをお願いされてマイクコードの撤収を手伝ったことがありました。
誤解のないように言いますが、片づけをしたくないわけでは決してありませんよ。
できることは何でも!って思います。
しかし、今までイベントを進行していた人間がお客さんの前で裏方の作業をしていると
それまでの余韻・イメージが崩れるということもありますので難しいのです。

会場の規模にもよりますし、趣旨にもよります。
いつも同じスタンスではなく、やはり臨機応変が大事ですね。
2015-10-06 : エピソード コメント : 0 :

司会のリハーサル

今日は神戸で司会のお仕事。
事前のリハーサルのために前泊しました。
流れをひととおり確認するとのことで、今は終わって本番までひと休み。

そう、とっくにお盆の閑散期は終わりを告げ
大変忙しくなってきています。

ちなみに今日は1000人集まるセミナーです。
す、すごい。

2015-09-02 : エピソード コメント : 0 :

対談のコーディネート

1か月の間に、自分の中では大きなお仕事がありました。
それは対談コーディネートです。
パネルディスカッションなどの進行をしていくというのが主ですが
それこそ原稿を読むだけでは決してできない、
相手の話を聞いて、まとめて、質問して、雰囲気作りもして、
想像以上に頭を使います。
今回は30分という短い時間の中で7人と話をするという(爆)、
1人に宛てられる時間が5分もない状況下にありました。
相手に「短く喋ってください」とお願いしたところで
やはりそれは難しいというもの。
膨らませすぎず、でも、簡略化しすぎず、
中身の濃い一問一答を心掛けました。

司会を長くやっているともちろん慣れてきますが
慣れだけでは絶対に無理です。
やはり日々勉強だなと再認識。
奥が深い最高のお仕事です。
2014-09-06 : エピソード コメント : 0 :

«  | ホーム |  »

プロフィール

かさいみき

Author:かさいみき
⇒ 河西美紀OfficialWebSite










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。