司会に関すること、あれこれお話します

HOME      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告

開会に先立ってません

いただいた原稿を見ていて、「ん?この表現は・・・」と思うものは
ちゃんと確認するようにしています。
そのまま読んで間違っていても「台本が悪い」とは言えません。
最終発信者はマイクを持った司会です。

先ほど、台本を見ていて、「ん?」というものに出くわしました。

本日はご来場いただきましてありがとうございます。
時間になりましたので、只今より○○セミナーを始めます。
私、司会の河西です。よろしくお願いします。

問題はこのあと。

「それでは、開会に先立ちまして本日の流れをご案内します」

ん?
開会してるよね(汗)。
始めますって言ったよね(苦笑)。

つまり、正式には「開会に先立つ」のではなく、
「本編に入る前に」ということなのです。

なんとなくこんな感じかなというのは危険です。

「そんな堅苦しいこと言わなくても・・・」って?

いえいえ、最終表現者ですから。
自分の言葉には自分で責任を。

これと同様に、終わりもそう。

「以上をもちまして本日のプログラムは全て終了となりますが、
最後に一つ皆様にご案内です」

終わりじゃないんかい!(苦笑)

終了と言った時点で、皆さん席を立ちますよ(汗)。

言葉ひとつで大きくその場の空気は変わります。
スポンサーサイト
2014-11-24 : 司会のコツ コメント : 0 :

«  | ホーム |  »

プロフィール

かさいみき

Author:かさいみき
⇒ 河西美紀OfficialWebSite










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。