司会に関すること、あれこれお話します

HOME      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告

司会者の服装

司会者はどんな服装で臨めばいいのか。
スーツが無難・・・とはいえ、ラフなイベントだったらおかしいし。
やはりTPOに合わせる必要があります。

最近の私はセミナー司会が多いのですが、この「セミナー」にもいろいろあるんですよ。
(以下、個人的意見です。あしからず。)

★講演者が男性か女性か。
→男性の場合は暗めのスーツが大半なので、対比を考えて白いジャケットを選んだりします。
逆に女性の場合は白でかぶってしまうこともあるので極力抑え目にします。
パネルディスカッションなどの時は複数人数いらっしゃるので、そこも考慮します。
講演内容やビジネス色がどれくらい強いかどうかにもよります。

★司会台があるか、ないか。
→ある場合は脚の部分は隠れますから、上半身の印象が大事。
逆にない場合はスカートを選ぶかパンツを選ぶか。靴にも気を遣います。

★舞台の上か、フラットか。
→同じように大きな会場の舞台上だと小さなアクセサリーなどはそこまで見えません。
逆に教室型の場合などはネイルだって目立ちます。
(大きな会場でもカメラが入っていてスクリーンに映し出されることもあるので注意。)

★お客様と差をつけるか、似た雰囲気を出すか
→黒スーツの方が大勢いる中で同じ黒スーツだと参加者と同じに思われてしまい、
スタッフとの連携がしにくいこともあります。
今最も多くお仕事をしている就活セミナーだと、リクルートスーツの配色は避けます。
(シャツだけは明るくするとか、ストッキングはプレーンにしないとか。)
逆に司会だけが浮いてしまうと雰囲気がおかしい時もありますので、
やはり一言ではまとめられませんが、その会の趣旨を確実に把握することですね。

★1日限りか、複数日数か。
→以前2日連続のセミナー司会をさせていただきました。
参加者も主催スタッフも2日連続。
つまり、まったく同じ服装は感心しません。
しかし、あまりに違うのもこれはこれで良くないと思いまして。
この時は、ジャケットは同じにしてワンピースを同じ柄で青系と赤系2色用意しました。
ちなみに服装は自分自身のモチベーションにも関わってくる・・・これは事実です。
髪型や化粧も。

・・・で、今、大阪・福岡・名古屋と司会巡業中です。
5日間(中一日移動)で、述べ8講演分の司会をさせていただきます。
上述の学生向けセミナーもあれば、有名人がお話しされる大人向けセミナーもあります。
ジャケットは黒と白両方持ってきています。
ちなみにスーツとワンピースも。
正解はありませんが、その日の天気・気分も含めてうまくセレクトしていけたらいいなと思います。

注:司会は主役ではありませんので、華やかに目立ちすぎるのはNGです。
たまにお見かけするんですよ・・・「私は私は!」って勘違いしている同業者(爆)。
2017-02-26 : 司会のコツ コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

以前、業界では有名なCMディレクターが「究極は企業の社員さんがCMを作ること。それが本当のコマーシャルなんだ」と言っているのを聞いて、あー確かにと思いました。
それならやること全てが正解だし。直しもないから予算も掛からない。
しかし、河西さんのブログを読んで、やはり、餅は餅屋なのだと、広く専門にやっている人間だからこそ気が付くこと、出来ることがあるのだと強く感じました。
最近は企業相手の仕事から遠ざかっておりますが、仕事が入ったらナレーションは、プロに頼もうと思います。
2017-02-27 19:57 : ラテ URL : 編集
No title
ラテさん、コメントありがとうございました。
深い言葉ですね。
一番いいのは「企業の社員さんの気持ちになってプロが喋ること」かもしれませんね。
また語りたいものです。
2017-03-08 09:02 : かさいみき URL : 編集
Pagetop

«  | ホーム |  »

プロフィール

かさいみき

Author:かさいみき
⇒ 河西美紀OfficialWebSite










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。