司会に関すること、あれこれお話します

HOME      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告

どこから現れる?

森友学園関連のニュースが連日メディアを賑わせています。
今テレビをつけたら、昨日安倍昭恵さんが講演した映像が流れていました。

実はこの映像で個人的に気になったのが、司会の方です。

ニュースに出てくるときはほんの少し見切れる程度で目立たないものですが、
今回はどうしても見過ごせない出来事が。
ご覧になった方、いらっしゃるでしょうか。
多分、ニュースを観ていても何の疑問にも感じない一コマだと思いますが、
私はやはりこの仕事をしているのでどうしても感情移入してしまいました(苦笑)。

安倍昭恵さんを紹介し、舞台上にお迎えする場面です。
・・・おや?当人がなかなか現れない様子。
司会の女性の方は、何度も司会台の後ろ=舞台袖を気にして振り返っていました。
そこから安倍昭恵さんが現れると思ったのだと思います。

しかし、実際には昭恵さんは舞台下からご登壇・・・という動きでした。
司会の方は「え?そこから?」という驚きの表情をされたあと、
笑顔で「こちらです」と舞台中央を手で指し示していらっしゃいました。

これに関しては、当初の予定と変わった可能性もありますし
何も決まっていなかった可能性も大です。
いずれにしてもヒヤッとする出来事だったと思います。
司会がミスをしたと思われがちですが、そうではない場合も多いのですよ(爆)。

注:ニュース映像のみで書いているので、
実際の現場がどんなだったかは分かりません。あしからず。

・・・

・・・

ゲストがどこから現れるか。
同じ舞台袖でも、上手(かみて)なのか下手(しもて)なのか。
初めからスタンバイする(=板付きという)場合もあれば
拍手でお迎えして初めて姿を現す場合もあります。

司会はただ進行するのではない、ただプロフィールを紹介するのではない、
「会を司る(つかさどる)仕事」ですから、常に先を読んでおく必要があります。

ちなみに私は、次に出番となる人の姿が見えない場合は
スタートしないということを鉄則としています。
といいますのも、以前、主催者からGoサインが出て喋り始めたところ
「それでは講師の○○先生です」と言った時点で、扉のところで大きく×とジェスチャーが。
え?だってOKって合図あったよね?
どうやらその先生が控え室から会場に向かう途中でお化粧室に立ち寄られたそうでした。
結局、ご到着まで私が場をつなぎました。
「今こちらに向かわれているようです。失礼いたしました。
この後お話になる○○先生は・・・」とプロフィールを先に読み上げたり、
著書のご紹介をしてみたり、アンケートのお願いをしてみたり。
2分ほどで事なきを得ましたが、こういうこともあるので注意が必要です。

振り返ると笑い話でも、その場では大変です。
だからやりがいがあるのも事実です。
でも、何もないのが一番です。はい。
2017-03-08 : ハプニング コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop

«  | ホーム |  »

プロフィール

かさいみき

Author:かさいみき
⇒ 河西美紀OfficialWebSite










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。