司会に関すること、あれこれお話します

HOME      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告

台本作成、おまかせください

先日、某企業の記念式典と祝賀会のパーティーで司会をさせていただきました。
先方のご希望で何度も打ち合わせを重ねての本番だったので、
思い入れもひとしおで、帰り際に寂しくなってしまったほどです。
「○周年」というようなイベントだと頻繁に開催するものでもありませんからね。
でも、だからこそ心に残る1日にするお手伝いをするのが司会の務めです。
実際、「すごく楽しかった」「また明日から頑張る」というようなお声も
聞こえてきました。

会の途中、何度も思いました。
ああ、いい会社だな、今この瞬間、なんか私自身も
ここの社員みたいな気分だな・・・って。
立場が違うのはもちろんわきまえていますが、
それくらい身近に感じられる、他人事とは思えないくらい寄り添えた事実に、
本当にいい人間関係を構築できたなぁと思っています。
「河西さーん、本当に本当にありがとう!!!」とほろ酔いでハグしてくれた方、
ありがとうございました(笑)。

・・・で、今回かなり喜んでいただけたのは、実は「台本作成」でした。

式典の実行委員の皆さんは、0から構築していきます。
頭の中ではイメージができていても、それを文言にするのは難しい。
「台本こちらでお作りもできますよ」と言うと
「本当ですか?是非!!!」という返事を頂くことが8割。
しかも、プログラムがもともとあるものでしたら
司会料金にプラス5,000円でお請けしていますので、
「その金額なら頼んじゃえ!」という決断をされる場合が多いです。

確かに、漠然としたものを手探りで作るのは大変ですからね、
是非わずらわしい原稿作成作業から解放されてください。

なお、このたびHPではお見積もり例も提示することにしました。
参考までに是非ご覧くださいね。

http://kasaimiki.com
2016-02-12 : 司会ご依頼 コメント : 0 :

謹賀新年2016

あけましておめでとうございます。
フリーアナウンサーの河西美紀です。

このブログは、司会を主に生業としている私が
現場でのあれこれ、進行のコツ、普段感じたことなどを
ざっくばらんに記していくページです。

しかし!
またしばらくブランクができてしまいました。
申し訳ありません。

書いていない間にも、たくさんの司会のご依頼をいただきました。
そして、その都度「これはお伝えしたい」と思うことが盛りだくさんでした。

心機一転、またコツコツ書いていくことを誓います。
このページを読めば、司会という仕事の表も裏もよくわかる、
そんな記事を目指しております。
・・・って目指さなくても、書けば絶対「へぇ!」と思うことが満載なのです。
そう、ちゃんと書けば・・・ね(苦笑)。

どうぞよろしくお願いします!






2016-01-01 : その他 コメント : 0 :

思い立ったらすぐ依頼!

披露宴司会をご依頼頂きました。
お仕事で知り合った女性の方で、本当に嬉しく、
ワクワクが止まりません。

「来年6月なんですけど・・・空いてますか?」

さすがに半年以上先だし、空いてます!と即答したいところですが
まれにピンポイントで既に別の仕事が入っていることがあります。
実際来年6月は2つ入っていました。
(上記の披露宴司会の日は空いていたのでお請けできました。ホッ。)

まだ先だし、もう少し経ってからでいいかなぁと躊躇せず
思い立ったら即連絡!
私に限らずどの司会者さんもそれは喜ばしいことだと思います。
もちろん、本番近くなってのキャンセルなどは困りますが、
身体が一つしかない以上、最初に入ったご依頼を優先します。


そう、やる気があっても身体は一つだけ。
一期一会。大事にします。

ご依頼は河西美紀HPまで。


2015-11-05 : エピソード コメント : 2 :

何でもできる司会者

司会者はただ与えられた原稿を読めばいいものではありません。
会場の様子を見て、言い回しを変えることもあります。
小さな会場だと質疑応答の際に客席へのマイクランを頼まれることもありますし、
休憩時の突然の陰アナもあります。

最近よくご依頼をいただくセミナーでは、音響を担当することもあります(笑)。
といっても、BGMの音を舞台袖で下げてから司会台に登場するという程度で
決して難しくはないのですけどね。
それでも、間違ってはいけませんので、慎重に行いますよ。

司会の域を超えすぎて格好が悪いことも正直あります。
例えば、局アナ時代、イベントのMCをした後に
片づけをお願いされてマイクコードの撤収を手伝ったことがありました。
誤解のないように言いますが、片づけをしたくないわけでは決してありませんよ。
できることは何でも!って思います。
しかし、今までイベントを進行していた人間がお客さんの前で裏方の作業をしていると
それまでの余韻・イメージが崩れるということもありますので難しいのです。

会場の規模にもよりますし、趣旨にもよります。
いつも同じスタンスではなく、やはり臨機応変が大事ですね。
2015-10-06 : エピソード コメント : 0 :

司会のリハーサル

今日は神戸で司会のお仕事。
事前のリハーサルのために前泊しました。
流れをひととおり確認するとのことで、今は終わって本番までひと休み。

そう、とっくにお盆の閑散期は終わりを告げ
大変忙しくなってきています。

ちなみに今日は1000人集まるセミナーです。
す、すごい。

2015-09-02 : エピソード コメント : 0 :

«  | ホーム |  »

プロフィール

かさいみき

Author:かさいみき
⇒ 河西美紀OfficialWebSite










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。